平成30年度総会が開催されました。

1 平成30年5月28日(月)午後3時~午後5時
2 場 所 昭島市役所1階市民ホール
3 出 席 31事業者(うち委任状提出事業者数13)
4 開会挨拶 日本航空電子工業(株)
5 来賓挨拶 昭島市長 臼井 伸介
6 平成29年度活動報告の審議・承認について
  (1)活動推進チームからの報告について《承認されました。》
    ○省エネルギー活動・廃棄物削減チームより
    ○展示会担当チームより
    ○広報・渉外担当チームより
  (2)平成29年度会計報告について《承認されました。》
  (3)平成29年度退会事業者について・・・事務局より報告
7 平成30年度幹事・理事選出等について
(1)幹事・理事選出及び紹介について
    会長事業者 :昭和飛行機工業㈱
    副会長事業者:東京グリコ乳業㈱
           フランスベッド㈱
    幹事事業者 :フォスター電機㈱
           イオンリテール㈱ザ・ビッグ昭島店
           ㈱カトービルドシステム
以上の6事業者が選出されました。
(2)入会事業者について・・・事務局より紹介
    新たに2事業者様が入会されました。
8 平成30年度活動計画案の審議・承認について
  (1)平成30年度活動計画案について《承認されました。》
  (2)平成30年度予算案について《承認されました。》
9 閉会挨拶 環境課長



平成30年度第1回全体会議を開催しました。

1 平成30年11月5日(月)午後3時~午後5時
2 場 所 昭島市役所204会議室
3 出 席 24事業者
4 開会挨拶 昭和飛行機工業(株)
5 活動推進チームからの報告について
 ○省エネルギー活動・廃棄物削減チームより
 ○展示会担当チームより
 ○広報・渉外担当チームより
6 その他
(1)産業まつりについて・・・事務局より
(2)工場・施設見学会の実施について・・・事務局より
8 講演会
   テーマ『プラスチックによる海洋汚染
               ~海にあふれる生活ごみ~』
   講 師 一般社団法人JEAN
9 閉会挨拶 環境部長

平成30年度工場・施設見学会を実施しました。

1. 実施日 平成30年12月14日(金)
2. 場 所 リコー環境事業開発センター(静岡県御殿場市) 
3. 参加者 10事業者16名
4.  静岡県御殿場市にあるリコー環境事業開発センター様を見学して参りました。
今回、見学させていただいたリコー環境事業開発センター様は、1985年にリコー御殿場事業所として設立した建物を、環境関連事業を創出する拠点として新たに再生し再活用した施設です。
センターに到着後まず会議室に案内され、事業開発本部の御担当者様より経営理念やセンターの事業概要についてお話を伺いました。その後、説明を受けながらセンター内を見学させていただきました。センターは未来棟と環境棟に分かれており、未来棟では、描く未来のビジョンに触れたり、御殿場市が推進している『エコガーデンシティ構想』をプロジェクションマッピング映像で紹介していただきました。環境棟では、複合機・プリンターの細かいパーツの実物を見ながら、環境負荷を製品のライフサイクル全体を通して減らす取組について説明いただいたり、実際に再生機製造工程の作業現場を見学させていただきました。また、具体的なアイデアを討議し、各環境テーマごとに実証実験を進めているスペースがあり、用水路などを活用したマイクロ水力発電システムの実証実験が行われているお話もお聞きしました。さらに、森林保全とCO2削減、エネルギー創出を同時に実現している未利用間伐材を活用した木質バイオマスエネルギー循環施設も見学させていただくなど、リコー環境事業開発センター様の3機能『創る』・『続ける』・『魅せる』を体験できた見学会でした。
脱炭素社会と循環型社会の実現に向けた環境事業に先進的に取り組まれながら、事業に必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目標に掲げるRE100にも参加されているお話を伺い、改めて環境配慮への取組の重要性を実感するとともに、社員の皆様が一丸となって大きな目標に向かって取り組まれている姿勢に感動しました。
最後に、年末のお忙しい中、見学会の実施に際しお世話いただきました社員の皆様、本当にありがとうございました。






『道路のごみ拾い』活動を実施しました。

1. 平成31年1月28日(月)14時から15時まで
2. 場 所 昭島駅南口周辺
    (東は昭島市保健福祉センターから西は昭島消防署までの間)
3. 参加者 省エネ活動・廃棄物削減チーム 12事業者31名(事務局を含む)
4.  今年は天候に恵まれ、たくさんの方が参加してのごみ拾い活動となりました。また、午後ということもあって、ボランティア袋とトングを手に、陽が当たる歩道のごみを見つけながら歩いているときは、何だかとても気持ちの良いひと時に感じました。
 駅前ということで、たばこの吸い殻が多いんだろうなぁ~っと思いながら拾い始めたのですが、予想以上の吸い殻の多さに正直驚きました。また、駅前から離れていくにつれ、ごみのポイ捨てが増えているように思いました。
今回、大勢で参加してくれた事業所もあって、東側のルートと西側のルートそれぞれに分かれて回ることが出来ました。
お忙しい中を参加いただいた事業所の皆様、本当にお疲れ様でした。
回った結果、1時間の間に約10㎏のごみが出ました。その後、可燃・不燃・缶・ビン・ペットボトルに分別し、環境コミュニティセンターに持ち込みました。
今回は、新たに購入した『昭島市環境配慮事業者ネットワーク』の名前が入ったナイロンベストを着て臨みました。駅周辺で、この活動を目にされた方、また、昭島市環境配慮事業者ネットワークって何?って思われた方も多くいらしたのではないかと思います。
私たちは、環境負荷低減に向けた取組活動の一環として、たばこやごみのポイ捨てを減らしていけるよう、今後もこのような活動を続けていきたいと考えています。
今後とも、市民の皆様の御協力をお願いいたします。