あきしま環境緑化フェスティバル

H27.5.3 昭島市役所

展示内容:
(1)ネットワーク活動の紹介
(2)会員事業者の紹介
(3)来場者アンケート&粗品提供

第47回昭島市産業まつりに出展をしました

・平成27年11月14日(土)・15日(日)
・場所:KOTORIホール(市民会館)・公民館
・内容:昭島市環境配慮事業者ネットワークでは、活動記録、各事業者の紹介パネルを展示しました。
・出展事業者 フォスター電機(株)、日本電子(株)、NPO法人体育環境発明機構、日本電子テクニクス(株)、西多摩運送(株)、(社)国際バイオマス・センター
 14日(土)は雨が降っており、天候には恵まれませんでしたが、翌日は快晴となり多くの方で賑わいました。ネットワークの出展にも多くの方が訪れ出展事業者の活動等が記載されたパネルを見ていただきました。 また、一部来場者にはメッセージをいただきました。









工場見学を行いました

・平成27年11月25日(水)

・場所:昭島市環境コミュニケ―ションセンター・昭島市東部配水場

・内容:昭島市環境配慮事業者ネットワークでは、毎年工場見学を実施しております。今回は昭島市の環境関連施設(昭島市環境コミュニケーションセンター・昭島市東部配水場)を見学しました。

(1)環境コミュニケション―センター

 昭島市環境コミュニケーションセンターでは、資源(びん・カン・ペットボトル)等がリサイクルされるまでの分別処理の方法などの説明を受けました。

 昭島市では、平成12年から7分別を行っておりこのセンターでも機械と人間の手で分別を徹底しているとのことでした。

 収集された資源(びん・カン・ペットボトル)等は、センターで分別処理が行われますが、排出する際に出来るだけ適切に分別する意識が排出する者に求められていると感じました。










(2)東部配水場

東部配水場では、昭島市の上水は深層地下水100%であり、安心・安全な上水の供給が行われているとのことでした。

配水量は、日頃の節水の周知啓発等の効果もあり減少しているとのことでした。

また、24時間体制で配水量等を監視し、非常時には発電機が作動するように準備されているなど昭島市民に常に安心・安全な上水の供給が行われていることを知り昭島市民のライフラインのひとつである上水道事業の重要性を改めて感じました。






平成27年度第2回全体会議を開催しました。

・日時:平成28年2月24日(水)午後3時~午後5時

・場所:昭島市役所204会議室

・内容:

第1部:午後3時~4時 

開会挨拶、常任理事会報告、活動推進チーム報告、その他報告(三菱製紙販売株式会社様によるFSC認証の普及啓発活動等についての説明、クールネット東京様による省エネ診断の活用等の情報提供、あきしま環境緑花フェスティバルについて)

第2部:午後4時10分~午後5時

「あきしまの水ブランド構築・推進事業」に対するアイデア・意見交換